ダイエットがあなたの未来を変える

食べる順番を変えただけでダイエットに成功!!


20代・女性です。
ダイエットは食事制限がつらいです。空腹に耐えきれず、ついお菓子を食べてしまうことも。そして、ダイエットに失敗をする方が少なくありません。
ダイエット成功のポイントは空腹を抑えることです。無理な食事制限は空腹がつらくて失敗をします。
では、無理に食事量を減らさずダイエットをするためにはどうしたらいいのでしょうか。無理に食事量を減らさないダイエット方法が、食べる順番を変える方法です。食べる順番を変えるだけで1kg体重が減りました。期間は1か月ほどです。食べる順番を変えただけで、運動をするなど特別なことはしていません。
食べる「順番ダイエット」は、野菜、魚や肉などタンパク質が豊富な食品、ご飯やパンなど糖質が多い食品の順番で食べます。
最初に野菜を食べるのは野菜で、満腹感を得て食べすぎを防止するためと、血糖値の上昇を抑制するためです。注意したいことは、人参、トウモロコシ、カボチャなど甘い野菜を始めに食べないことです。甘い野菜を始めに食べてしまうと血糖値が上がってしまい、肥満の原因のインスリンが大量に分泌される可能性があります。
私はいつも葉野菜を先に食べるようにしています。よく食べるものは、サニーレタス、小松菜、水菜などです。生で食べることが多いです。生だと熱で壊れやすいビタミンCや酵素を摂取できるし、繊維を噛み切るためによく噛んで食べるようになります。よく噛むと満腹中枢が刺激されて満腹感を得られます。
その次に大豆製品を食べています。大豆製品にはゆば、豆腐、豆乳、蒸し大豆などがありますが、よく食べているのは納豆です。豆腐や豆乳は食物繊維が取り除かれていますが、納豆は食物繊維が豊富で1パック(50g)に3gほどの食物繊維が含まれています。食物繊維の働きで満腹感を得ることができます。
最後にご飯を食べます。野菜や大豆製品などを食べているので、お腹がいっぱいになってそれほどたくさんの量を食べたいとは思いません。食べる量は小さめのお茶碗半分くらいです。お茶碗にちょっとしかご飯が入っていないと見た目が寂しいので、小さいお茶碗を使うようにしています。小さいお茶碗にご飯をよそえばたくさんあるように見えて、見た目的に満足感を得られます。
食べるものはダイエット前と変えていません。変えたことは食べる順番だけです。しっかりと食べることができ、空腹のつらさもありません。ただ食べる順番を変えただけで、たった1か月ほどで1kgのダイエットに成功をしました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です