ダイエットがあなたの未来を変える

小麦フスマダイエット!


20代の頃は体重が50~55㎏の標準体型でしたが、30代半ばを過ぎたころから体重が増加し始め、最大で78㎏まで太ってしまいました。配達の仕事をしてるので、日々の運動量については同世代の人よりも多い自信があるのですが、ストレスからくる過食と残業で夜の食事が遅くなることが原因だとは自覚していました。

70㎏くらいの時は生活にも支障がなく体重についても外見はともあれ、放置していたのですが、78㎏にもなるととにかく配達の仕事に不都合が出始めました。とにかく足にかかる負担が大きい。今までは楽に上り下りできた階段がとにかくつらい。上るときよりも降りるときの方が膝に負担がかかり、週末になると膝の痛みに苦しむことが多くなりました。

これではマズイと思い。今まで経験したことのなかったダイエットに取り組むことにしました。

先ほど申したように運動量には問題がないので、まずは食事環境の改善。夜遅くご飯を食べるのを我慢して、就寝の3時間前には食事を済ませるようにして、もしもその時間に食事がとれない場合は液状の栄養ドリンクで済ませるようにしました。この方法は最初は週に2キロくらい体重をおとすことができましたが75㎏くらいで体重は横ばいになり、それ以上体重を減らすことはできませんでした。

自分としてはどうしても60㎏台に落としたかったので、ネットで見た「小麦フスマのダイエット」に挑戦することにしました。これはおからの原料になるような小麦フスマをフライパンで炒って食事の時に一緒に食べるという方法です。

食物繊維が多くて消化がよくなること、そして小麦フスマを食することによってご飯の量が減ることがダイエットになるということでした。
初めて小麦ふすまを食べた時、意外とおいしいことにびっくりしました。問題は口に入れたときにかなり粉っぽいこと。水と一緒でなければとることができません。スプーンに3~4杯でOKということだったのですが、そんなに食べることに苦がなかったので、だいたいスプーンで5杯ほど毎食食べていました。仕事の時の昼食時でも食べるので携帯用の袋に入れて持ち歩いて生活していました。まずダイエットを初めてから今まで便秘気味だった便通が改善されました。そして夜間の食事制限では2~3㎏程度しか落とせなかった体重が一か月で8㎏。順調に毎週2キロずつダウンするようになってきました。10㎏くらい減ったときには、だいぶ体も動けるようになってきたので、縄跳びや軽いランニングも開始しました。運動を始めるとさらに体重の減少はスピードアップし、2か月経った現在では体重は65㎏。ついに最大時よりも15㎏近くのダイエットに成功しました。

ここで生活を戻すとリバウンドが怖いので、現在も小麦ふすまを食べるのは続けています。利点はとにかく安いこと。ダイエット食品の数十分の1の価格で試すことができます!そして自然食品なのでリスクがないことがよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です