ダイエットで無理なく健康的に痩せる方法をご紹介!!自分に合った方法がきっと見つかる♪
シェア
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
芸能人やモデルが絶賛するベルタ酵素で1か月─3キロ美しく痩せる

スムージーダイエットは飲むタイミングと、食材が重要!!綺麗に痩せる方法をご紹介!


いつの時代も女性は美しいスタイルを求め、美容に健康にダイエットに大忙し。
常に新しいアイテムや、情報が世の中で話題になります。特にダイエット業界は大小含めると毎年新しい健康法やダイエット法が生み出されます。
今回はその中でも数年前から注目され、いまだ抜群の人気を誇る美容キーワードであるスムージーを使って行うスムージーダイエットをご紹介、徹底解説いたします。
スムージーダイエットは、その手軽さと美容効果の高さから芸能人やモデル、外国人セレブまでが実践しているダイエット方法です。

【スムージーとは??】

スムージーとは、ジューサーで作る野菜ジュースやミックスジュースと違い、ミキサーで作るジュースになります。何が違うの?と疑問に思う方も多いと思います。ミキサーで作ることで、野菜や果物に含まれる食物繊維や栄養素を余すことなく摂取することができる栄養価の高いドリンクになります。
ミキサーに野菜やくだものを入れて混ぜるだけで簡単に作ることができ、入れる野菜やくだものを変えることで味や風味を変えることができるため、途中で脱落することなく長く続けることができるのもこのダイエット法の大きなメリットの一つです。

なにか一つの食べ物を一定期間食べるダイエット法はこれまでも色々出てきましたが、それだと痩せられても栄養が偏ることが多くあります。スムージーダイエットはその点、栄養価もですが見た目も中に入れる食材で変化をつけることができ、気分を変えることでダイエットの辛さを軽減してくれます。

ほうれん草や小松菜を使えばグリーンスムージー、トマトを使って真っ赤なスムージー、マンゴーを使って黄色いスムージーも作ることができます。
その中でも抜群の栄養価、スムージーの代表格グリーンスムージーの効用をご紹介します。

【スムージーの効果】

・高い美肌効果

野菜や果物には多くのビタミンが含まれています。美肌キーワードでもあるビタミンCは熱に弱く、長時間の加熱調理を行うと、多くの成分を失ってしまいます。その点スムージーは非加熱調理なので、効率の良いビタミンCの摂取が可能です。

・ストレス解消によるリラックス効果が期待できます

野菜や果物に多く含まれるビタミンには精神安定の効果が、果物に含まれる果糖には脳に安らぎを与える働きがあるため、リラックス効果もあります。
いろいろな体質改善効果もあります。
私たちの体は、周辺環境からいろいろな影響を受けます。
紫外線や化学物質、環境汚染、食品添加物、ストレスなど数えるとキリがありません。
それらの影響で体内で活性酸素という物質を生み出してしまいます。
この活性酸素が体内で増えると生活習慣病を始めとした病気にかかりやすくなってしまったり、新陳代謝が落ち、太りやすいカラダになってしまいます。この活性酸素こそが老化の原因ともいわれています。
しかし、スムージーの材料となる生の野菜やくだものには、酵素がたくさん含まれています。酵素には体内で活性酸素を無害化する働きがあるため、カラダを活性化させ免疫力をアップし、痩せやすい体質へと導いてくれます。

・便秘解消

酵素には消化機能を助ける働きも持っています。
スムージーに豊富に含まれる食物繊維は、腸のぜん動運動を促し、腸に溜まった老廃物を排出してくれるため便通も良くなり、便秘を解消してくれます。
野菜やくだものは栄養素の宝庫です。グリーンスムージーには必須の葉物野菜にはクロロフィルと呼ばれる成分が多く含まれていて、血管内で血液の流れを悪くする血栓(血の塊)ができるのを防いでくれる効果があります。このため、血液の流れがスムーズになって酸素がカラダの隅々まで行き渡らせることができ、肌荒れの予防や冷え性の改善0も期待できます。
他にも、野菜やくだものに含まれるカリウムには利尿効果があり、むくみの解消効果があります。むくみは女性の天敵セルライトの原因と言われています。これもカリウム摂取で予防効果を期待できます。

【デメリット】

ここまでは、いいことばかり紹介してきたので、少し悪いことやデメリットも紹介しておきます。
スムージーダイエットは絶食を必要とするようなダイエットではありません。
食べる量に関しても縛りは特にありません。ですから、実践の方法によって痩せることができません。
くだものには果糖が多く含まれており、摂取の量や組み合わせによってはかこりーオーバーを招きやすく逆に体重が増えることも考えられます。また、野菜やくだものには、非常に多くの栄養素が含まれていますが、その一方で人のカラダに必要不可欠なたんぱく質はあまり含まれていません。3食すべてをスムージーに置き換えるようなことは避けてください。
スムージーダイエットは数あるダイエット法の中では、1週間で2〜3㎏痩せるといった変化を求められるダイエット法ではありません。1か月で0.5〜1㎏コツコツ続けてスマートで健康的なスタイルを手に入れるダイエット法なので、短期間で体重を劇的に落としたり、体型の変化を得たい方は別のダイエット法の実践をオススメします。

【正しい実践方法】

さて、ここまでスムージーダイエットの効果やデメリットなど紹介してきましたが、実践してみましょう。前述しましたが、組み合わせによっては効果が期待できない場合もあります。「好きに野菜やくだものをミキサーに入れて混ぜてしまえ」だとダイエットとして成功しない可能性もあるので、スムージーダイエットの正しい実践法をご紹介します。

まず、でんぷん質が多く含まれる食材は避けましょう。じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、かぼちゃ、人参、キャベツ、とうもろこしなどがそれにあたります。でんぷん質が多い野菜とくだものは相性があまり良くないため、腸内でガスが発生しやすくなるデメリットがあるので注意が必要です。
次に、割材は牛乳や豆乳を避け、水がオススメです。牛乳や豆乳で割って、飲みやすさを求める方もいらっしゃいますが、どうしても野菜の青臭さや苦みが気になる場合は、くだもの6:野菜4以上のくだものの比率でスムージーを作ると非常に飲みやすいドリンクができます。
食材の温度ですが、冷たいものはあまりオススメできません。冷蔵庫から出してすぐのものではなく、常温に置いてから使用しましょう。冷たいスムージーは内臓を冷やしてしまい、かえって便秘などの症状を重くしてしまう可能性があります。
慣れてくると一度にいろいろ入れてみたくなりますが、数種類の具材に絞ってシンプルなものを作ってみた方がいいでしょう。違う味を求めたくなる気持ちは理解できるので数種類の具材でレシピをいくつか増やしていく方が長続きします。いろいろ入れるとどうしても味がぼやけて美味しくなくなることが多いです。
具材となる野菜やくだものはできる限り皮ごとミキサーに入れましょう。皮の部分には栄養がたくさん含まれています。捨てないで摂取することで栄養効果がより期待できます。
作る時の注意点が理解できたところで、次は効果の出やすい飲み方です。

1日に摂取する量ですが、1〜2ℓ飲むと効果が出やすいと言われています。
毎日そんな量飲むのは難しいと思うので、量にはこだわらずに毎日飲むことを習慣化した方がダイエットには効果が上がると思います。また、スムージーを口の中で噛むように飲むと、唾液によって栄養素の吸収を高めることもできますし、満福中枢が刺激され満腹感を感じダイエット効果の上昇も期待できます。
スムージーの摂取は、空腹のときに飲んで、飲んだ後に1時間弱何も食べない方がより効果的だと言われています。
これは、胃腸に何も入っていない状態の方が胃腸の負担を軽減し、スムージー自体の栄養を効果的に吸収することができるからです。この点からスムージーは朝飲むイメージがついているのかもしれません。置き換えダイエットの代表格にスムージーはうってつけなドリンクということがわかります。

ただ注意する点もあり、日中活動的に動く人は朝食をスムージーだけというのはオススメできません。朝食のカロリーをあまり抑えてしまうと逆に健康を害することもあるので、その場合は夕食時に実践しましょう。その場合、することを摂取してから1時間程度間隔を空けて食事を摂るようにし、食事の量も7〜8分目位に減らすようにしてください。

【飲むタイミング】

では、スムージーはいつ飲むのが理想的なのでしょう?
時間的には朝が良いと思いますが、この時には注意が必要です。

野菜や果物の中には、ソラレンという物質を含む物が存在します。
このソラレンは紫外線に敏感に反応しメラニン色素を刺激し、日焼けしやすい体質にしてしまいます。
そして、刺激を受けたメラニン色素はたちまち肌にシミやシワを作ってしまいます。
特にレモンやオレンジなど柑橘系の果物にはソラレンが多く、また、セロリやパセリにもソラレンは多く含まれています。
もしもこれらの食材を使おうと考えているなら、朝に飲む事はやめた方が良いでしょう。

それでもどうしても朝にスムージーを飲みたいんだという時には、ソラレンを含まない食材で作る事をおすすめします。
リンゴや、バナナ。それにスイカやブドウにはソラレンは含まれていないので安心です。
また、ダイコンやレタス、トマトにもソラレンは少ないので朝向きと言っても良いでしょう。大切なのは、どの時間にスムージーを飲むのかという事ではなく、どの食材を効果的に使うかという事です。

【スムージーにお薦めの食材】

ここでスムージーにお薦めの食材を紹介します。
まずは葉物野菜。スムージーのイメージにあるかもしれませんが、ほうれん草や小松菜、水菜などです。
葉物野菜にはビタミンやカロチンが豊富に含まれているため、必ず1種類は入れた方が栄養バランスのとれたスムージーを作ることができます。
ほかには、アボカドも美肌効果が高いビタミンEを多く含んでいて使いやすい食材です。意外にも柑橘系のくだものとの相性が良く、舌触りもなめらかなスムージーが作れます。
ここまで読んでいただいてスムージーダイエットに興味が出た方に私が試して飲みやすかったレシピをいくつか載せておきます。各レシピ飲みやすさは野菜とくだもののバランスで個人差があるので調整してみてください。

スムージーレシピ

・スムージーダイエット初心者でも飲みやすいはちみつレモングリーンスムージー
小松菜、バナナ、りんご、はちみつ、レモン、水
ビタミンを多く含む小松菜、カリウム豊富なバナナ、りんごも加えて食物繊維もたっぷりの便秘解消スムージーです。

・ケールといろいろフルーツのスムージー
ケール、バナナ、キウイ、りんご、ミックスベリー、水
免疫力の向上と、ポリフェノールの抗酸化作用が新陳代謝を活発にするスムージーです。

・夏にさっぱりトマトのスムージー
トマト、オレンジジュース、ヨーグルト、、水
脂肪燃焼効果のあるトマトをオレンジジュースの酸味と甘みですっきり飲めるスムージーです。

【乳酸菌も一緒にとろう!】

水のみで混ぜると効果的なスムージーですが、実は一緒に飲んだ方が良い飲み物があります。それは乳酸菌です。
ヨーグルトでも良いですし、市販の乳酸菌飲料でも良いのです。
乳酸菌は、体内の善玉菌を増やしてくれる大切な物質です。スムージーと一緒に飲む事で、より痩せやすい体に近付けます。
ですが、この時に気を付けたいのが実はハチミツです。自然の甘さを出すのに、ハチミツを選ぶ人は多いと思いますが、この時にマヌカハニーは避けた方が良いでしょう。
なぜならマヌカハニーは、強い殺菌作用を持っています。
そして、乳酸菌もまた菌なのです。
マヌカハニーを入れた事により、乳酸菌も減ってしまいます。
スムージーを飲む時にヨーグルトを入れたいと思う時には、殺菌作用を持つ成分はつかわないようにしましょう。

スムージーを作るのがめんどくさいという方にはこちらがお勧めです。



【体験談】

私もダイエットを何度も断念してきました。その理由は、やっぱり面倒ということなんです。そんなに苦労して食事を考えても、結局そんなに痩せない、それだったら自分で考えるよりも、カロリーをあらかじめ設定してくれている市販のダイエット食品を買うほうが、ずっと簡単で飽きない方法と、やっと気づくことができたのです。
そして早速、スムージーダイエットを行うことにしました。スムージーはコンビニでも販売しています。そのため、とっても簡単に買うことができます。買う時もネット注文や、スーパーで買うとなるとやっぱり無理があります。仕事で遅くなった時など買うことができないのです。そんな時、コンビニスムージーを使うと、いつでも利用することができます。

私は味に飽きないように、いろいろなスムージーを買うようにしていました。味はとても大事ですね。できればシンプルな、そんなに甘くないほうがいいのかもしれません。それは、朝に置き換える事が多かったからですk。朝から甘いものだと、ちょっときつい時がありますね。そのため、そんなにきつい甘さのスムージーでないものを選ぶことにしました。そして、昼食はあまりボリュームがないものを食べます。それは、せっかくダイエットをしているので、やっぱり成功させたいからです。そして夕食は、美味しいものを食べていました。それはストレス解消ですね。ストレスが溜まってしまうと、嫌になるのです。その点、一日の最後の食事をたっぷりと楽しむことにより、ストレスを溜めずにダイエットを行うことができました。

スムージーはだいたい、200Kカロリーぐらいです。昼食は主にサラダにしていたので、これも大幅にカロリーカットをすることができます。その結果、2ヶ月続けてなんと5kgも痩せることが出来ました。いきなりガンと痩せるのではなく、それぐらいのペースで痩せるほうが体が楽です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

芸能人やモデルが絶賛するベルタ酵素で1か月─3キロ美しく痩せる